まちブログ(矢板ココマチ)

まちブログ

杜のギャラリー曼荼羅/渡辺裕司・本荘正彦 木版画展

Category: ココマチ周辺お店情報
0
    暖炉があって、展示品はもちろんのことこの建築や空間にも魅力を感じるギャラリーです。
    矢板市上伊佐野にある「杜のギャラリー曼荼羅」さんにお邪魔しました。

    こんな彫刻や、アンティークの家具。
    どこを見ても見入ってしまう・・・

    杜のギャラリー曼荼羅 杜のギャラリー曼荼羅

    吹き抜けに間接照明。歴史を感じながらも現代的。
    オーナーさんの話では、夕方の西日が差し込むギャラリーがとてもキレイなんだそうです。

    杜のギャラリー曼荼羅

    この日は個展などの開催日では無かったのですが、アンティークの家具や美術品が多く飾られていました。
    ここにいるだけでなんだか不思議な気分・・・

    時間の流れもきっとゆるやかなんだろうなぁと思える風景の中に、建物がもう一つ。
    土間に囲炉裏のある和室。
    昼白色と白熱球の2色の照明。
    ここもギャラリー。様々な展示がされます。

    杜のギャラリー曼荼羅 杜のギャラリー曼荼羅

    矢板市に住んでいる人の間でもまだ知られていないこのギャラリー。
    こんな近いところで本物のアートに触れられるなんて。
    ギャラリー周辺は、ここは矢板なの?と思えるほど別荘地のような風景の場所。

    この「杜のギャラリー曼荼羅」で、4月10日から15日の5日間、渡辺裕司・本荘正彦 木版画展が開催されます。
    どんな作品が展示されるのか、今から楽しみです。
    杜のギャラリー曼荼羅
    さて、私の言葉では表現できないので、以下はご案内文をお借りしてご紹介します。

    渡辺裕司・本荘正彦 木版画展
    2015年4月10日(金)〜4月15日(水)10:30〜17:00
    作家在廊/渡辺裕司

    渡辺氏は版画界の巨匠で、伝統的な浮世絵木版画の技術を駆使した作品を制作しておられます。本荘氏は京版画の手法で花を題材にした作品を中心に制作され、「現代の浮世絵師」と評されています。
    日本の美しい四季折々の原風景を心豊かに、さわやかに、そして繊細に描かれた、心に残る作品の数々を是非ご覧ください。

    杜のギャラリー曼荼羅
    〒329-2501 栃木県矢板市上伊佐野709-40
    電話 & FAX : 0287-43-9788


    コメント
    コメントする








       
    このページのトップへ